2013年3月14日木曜日

こっちで落としたものがそっちでもあっちでも!?ダウンロード保存先をDropboxに設定


こんにちは。cc415(@cc415peci)です。



ブラウザのダウンロードしたファイルの保存先をDropboxにしました。
こっちのiMacでダウンロードしたファイルが、そっちのMacBook Airにも、あっちのPCにも、どのパソコンにもダウンロードしたことになっている状態に。まぁ便利!


スクリーンショット 2013 03 14 19 12 21  mini


 

【Dropboxフォルダの中に『ダウンロード』フォルダを作成】

まず、Dropboxのフォルダの中に『ダウンロード』というフォルダを作ります。カンタン。


スクリーンショット 2013 03 14 22 07 00  mini


【ブラウザのダウンロードしたファイルの保存先を変更】

僕は、SafariとGoogle Chromeの2つのブラウザを併用しています。
それぞれを設定していきます。


◆Safariのダウンロードしたファイルの保存先を変更


Safariを立ち上げます。


メニューバーの『Safari』>『環境設定』をクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 16 46  mini


開いたウィンドウの『一般』タブの『ダウンロードしたファイルの保存先』を変更します。
ダウンロードしたファイルの保存先として出ているフォルダ(ここでは『ダウンロード』)の右の上下の矢印をクリック。そして、『その他』をクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 18 57  mini


スクリーンショット 2013 03 14 22 24 46  mini


デロンと出てきたウィンドウで『Dropbox』>『ダウンロード』とクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 20 13  mini


『選択』をクリックします。
これでOK!


◆Google Chromeのダウンロード保存先を変更


Google Chromeを立ち上げます。
も右上の『Google Chromeの設定』をクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 38 26  mini


スクリーンショット 2013 03 14 22 38 05  mini


ドロンと降りてくるリストの中から『設定』をクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 44 07  mini


新しいタブが開きます。
下の方へ降りていき。『詳細設定を表示…』をクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 48 33  mini


表示された画面の下の方へいくと、『ダウンロード』という項目があります。
『変更』をクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 52 57  mini


デロンと出てきたウィンドウで『Dropbox』>『ダウンロード』とクリック。


スクリーンショット 2013 03 14 22 54 23  mini


『選択』をクリックします。
これでChromeもOK!


この設定で、こっちのiMacでダウンロードしたファイルが、そっちのMacBook Airでも、あっちのPCでも、どのパソコンでもダウンロードしたことにできちゃいます!!
Dropboxってメチャメチャ便利!!



まだ、Dropboxを使っていない方はコチラからアカウントを作成することができます。


スクリーンショット 2013 03 14 23 06 56  mini


ここからアカウントを作成すると、通常2GBの無料の記憶領域にくわえ500MBのボーナス領域がもらえます。
そして、僕にも500MBのボーナス領域が・・・。是非活用してください。







当ブログを読んで頂きありがとうございます!

もし、少しでもあなたのお役に立てたなら・・・
「いいね!」を是非!お願いします!!





0 件のコメント:

コメントを投稿